タグ:職方の仕事 ( 254 ) タグの人気記事

伊豆の国市の増築工事が始まりました。
まずは解体工事となり、既存建物の残す部分との取り合いを丁寧に手作業で解体しながら作業が進められます。

写真は解体する建物のところですが、やはり構造上の問題となるところが多々見受けられます。

今まで長く住んでいた分、ちょっとさみしいところもありますが、より快適かつ安全に建て替えられることは間違いありません。いよいよ現場工事が始まります。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_17123438.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-07-06 17:12
熱海市の新築注文住宅現場よりレポートです。
ここのところの忙しさもさることながら、工事現場だけはしっかりと足を運ばせてもらっている毎日です。。

さて、写真は大工職人が手間と時間をかけて造作部材を加工しているところとなります。幾つもの技能と道具を駆使しながら、ひとつひとつ造り上げていく思いが込められています。

いつも遅くまで本当にありがとう。心より感謝です。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_19222525.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-06-28 19:22
熱海市の新築注文住宅工事現場よりレポートです。
ここ最近は設計案件が数件及び現場工事も新たにスタートしまして、大変×大変有意義で忙しい日々を過ごしています。。。

もちろん、熱海市の工事現場にも毎回現場監理をしているのですがなにせブログがいつも後回し・・・(苦笑) すみません。。

さてさて、大工職人の分野でもある木工事もいつもいつも遅くまで行ってもらっているなか、内部の空間もかたちになってきました。

出来上がりが今からとても楽しみです。。。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_238071.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-06-12 23:08
熱海市の新築住宅工事現場よりレポートです。
「透湿防水シート」jと呼ばれ、粒子の細かい湿気などを透湿させ、粒子の大きい雨水などには防水性を発揮する外壁の下地材となります。

ここでは板金職人が現場にて施工を行い、外壁全般を入念に工事を進めていきます。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_813341.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-05-15 08:14
熱海市の新築住宅工事現場よりレポートです。
工事も進み、浴室ユニットバスも無事設置が終わりました。

当住宅では2階に水まわりの諸室があるため、1階の天井裏に浴室の床裏部分がくるかたちとなります。もちろんこの先、給排水の接続や天井下地の施工など、各工程に分けて工事が進みます。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_1725481.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-05-09 17:26
熱海市の新築住宅工事現場よりレポートです。
写真はリビングの傾斜天井のようすで、下地材を一定のピッチにて取り付けているところです。

下地材といっても多種多様にありますが、ここで肝心なのはちゃんとした乾燥材を使用するということ。この天井下地材は赤松のKD材という材種と部類になりますが、材料を仕入の段階から、しっかりと指定&確認しておくことがポイントとなります。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_728222.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-04-25 07:28
熱海市の新築注文住宅現場よりレポートです。
屋根の通気排熱層、防水紙の先行張り、軒裏野縁の下地組みなどの様子をうかがうことができます。

各工程を踏まえながら、丁寧に着々と進行しているところです。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_2314335.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-04-18 23:14
熱海市の新築注文住宅現場よりレポートです。
バルコニーの下地を施工しているところで、下地の段階から排水勾配をつけ床梁、根太組み、構造用合板、ケイカル板の順でバルコニーの下地施工を進めます。

ここでポイントなのは、下地トップのケイカル板という仕様や、バルコニー出入り口サッシ部との取り合い方法、立ち上がり層のディテール(詳細)などが挙げられます。

外部であり、雨水を処理する場所なので、しっかりとした防水対策が必要とされます。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_10163697.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-04-06 10:17
熱海市の新築住宅工事現場よりレポートです。
外壁の構造用合板を設置しているところで、決められた釘種類、ピッチ(間隔のこと)で建物躯体に取り付けていきます。

ここで重要なことは、1階から2階間に関しては土台から2階の梁まで、2階から小屋裏に関しては2階の梁から軒桁まで、一枚ものの構造用合板でしっかりと両側の柱も含め、打ち付けることがポイントとなります。

構造用集成材金物工法+構造用合板の耐力壁設置により、強固な耐震住宅が創られていく過程となります。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_18215521.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-04-01 18:22
熱海市の新築住宅工事現場よりレポートです。
写真は屋根の断熱材を下から見上げたところです。

基本的に外断熱の工法を採用し、断熱ラインを小屋裏の一番外側(屋根側)に設けることにより、熱が建物内にこもらないようにすることを目的に設計しています。

具体的には厚さ65ミリのA種押出法ポリスチレンフォーム保温板3種を隙間なく敷き均し、さらにこの後に厚さ90ミリの住宅用グラスウールを室内側天井部分に設置することで、一定の断熱性能を確保しています。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_137440.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-03-23 01:37