<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

先日、伊豆の国市にてリフォームのご相談があり早速にも現地へ行ってきました。約築40年程の住宅となりますが、老朽化部分をしっかりと補修した上で、新たに使いやすくて快適に住んでいただけるよう、計画を進めていきます。

ご要望をお聴きしながら、まずは間取りも決まりました。次は具体的な仕様や材料選定の段階に入ります。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_1771652.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-03-28 17:07
現在、西伊豆にて会社保養所の設計を進めています。
以前より設計を取り組ませていただいておりまして、当方でもお問い合わせやご依頼を順次お受けしている中、ここ最近は多忙を極めながら一生懸命取り組ませていただいております。

先日、遠方より社長がお越しになり、限られた時間ではありましたが有意義なお打合せを交わすことができました。

お待たせしている分、期待されている分、それをかたちで表すべく今以上に頑張らねばなりません。まずは周りのことをひとつづつ整理しながら、すべてを段取り良く進めていければと思います。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_15482297.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-03-25 15:49
熱海市の新築住宅工事現場よりレポートです。
写真は屋根の断熱材を下から見上げたところです。

基本的に外断熱の工法を採用し、断熱ラインを小屋裏の一番外側(屋根側)に設けることにより、熱が建物内にこもらないようにすることを目的に設計しています。

具体的には厚さ65ミリのA種押出法ポリスチレンフォーム保温板3種を隙間なく敷き均し、さらにこの後に厚さ90ミリの住宅用グラスウールを室内側天井部分に設置することで、一定の断熱性能を確保しています。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_137440.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-03-23 01:37
先日となりますが、日本経済新聞社主催による「建築・建材展」に行ってきました。毎年、東京ビッグサイトで行われている複合展示会となり、建築分野のみならず、照明(ライティング)・店舗分野にも及びます。

今年も、何とか時間を捻出して参加することができましたが、毎年進化する情報量や技術レベルには目を見張るものがあります。特に市場(ニーズ)のなかで目立ったキーワードとして、耐震(制震)・省エネ・環境エネルギーなどなど。東日本大震災(原子力エネルギー)の影響を受けての動きも見受けられます。

ほぼ丸一日をかけてじっくりと各分野の方々を情報を交わしたり、資料を入手したりと、かなりしんどかった部分もありますが、それなりに有意義な一日となりました。次回来年も足を運んでみたいと思います。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_22503719.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-03-20 22:51
熱海市の新築注文住宅現場よりレポートです。
垂木の施工が終わると、次は野地(のじ)合板の施工となります。野地合板は一般的に厚さ12ミリの構造用合板を使いますが、これは地震時の水平剛性を高めるためにも使用します。

張り方にも決まりがあり、継手部分が互い違いになる様に取り付けていき、所定の釘ピッチで施工を進めます。

奥に見えるのはトップライトの開口部。
密集地における採光方法としてとても適しています。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_17435078.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-03-13 17:44
三島市の新築注文住宅をプランニングしています。
ご依頼主のご要望をヒアリングさせていただき、具体的な間取りとなるよう、手を練りながら試行を続けています。

とかく、用途地域や高さ制限が厳しいときは、設計の手法とか少しのエッセンスとかで建物全体が形成されることもあります。

ほんのちょっとの寸法を大切にし、家族の要望がいっぱい詰まった建物を創りたい。。。場合には要望を天秤にはかってチョイスすることも必要なこともあり。。。

住宅設計はとっても奥深いものです。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_18215068.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-03-05 18:22
熱海市の新築住宅現場よりレポートです。
屋根の下地で垂木(たるき)と呼ばれる材料を施工しているところです。

通常よりも垂木サイズを大きくとり、屋根断熱材の厚みを考慮した通気層の確保と、材料強度の向上を目的として45×105ミリサイズの垂木材を使用しています。材種も米松のKD材(KD材:乾燥材という意味)を選定し、強度的にも品質的にも安心できるものを採用しています。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_16184247.gif
[PR]
by k-kazaken | 2013-03-03 16:20