<   2008年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

大工職人の道具の紹介です。
とかく、職方の中でも道具や工具の数が多いのが大工職です。
手にとることはおろか、実は写真を撮らせてもらうのもなんだか気が引けます。

まずは、当たりさわりのないところでひとつ。「丸ノコ」です。
電動工具のひとつになりますが、ひと昔前に比べ先端にLEDライトが搭載させており、
暗所での作業時でも効率よく作業ができます。

木の材質・作業工程によって丸ノコを替えており、刃の種類は幾つもの数になります。

静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計
b0155675_23444824.gif

[PR]
by k-kazaken | 2008-08-30 23:49
身の回りを見ても昔と比べ、デジタル機器などの家電品が多くなってきました。
今時にこんな事を言ってる自体、恥ずかしいことかもしれません。

住宅における設備機器の一例として、マルチメディアコンセントが挙げられます。

電源コンセント、テレビ端子、CS端子、電話端子、LAN端子
など、お客様の希望と用途に合わせて設置をします。

静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計
b0155675_18241215.gif

[PR]
by k-kazaken | 2008-08-29 18:33
住宅の新築工事において、外部開口部のペアガラスは
ほとんどと言っていいほど採用されているかと思われます。

しかし、望めるならば枠材はアルミ製よりも樹脂製のものへ、
ガラス材は一般複層ガラスよりも特殊金属幕を施してあるものや、
高断熱Low-E複層ガラスへの採用も考えたいものです。

普通のアルミサッシの熱還流率6.51W/(㎡・K)に対して、
高断熱複層ガラス仕様の樹脂サッシは熱還流率2.33W/(㎡・K)と、
約3倍弱の高い断熱効果を実現しております。

夏季・冬季における室内温熱環境のUPと、ランニングコストの軽減が期待できます。

静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計
b0155675_1911174.gif

[PR]
by k-kazaken | 2008-08-28 19:16
上棟してからしばらくは木工事がメインで進みますが、
工程により、各職方が順々と工事現場に入ります。
設計図に示してある照明やコンセントの位置を確認しながら
工事を進めます。

静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計
b0155675_20594284.gif

[PR]
by k-kazaken | 2008-08-26 21:01
工事は進みます。
工程は、屋根けらば及び軒先部分の化粧材取り付けになります。
屋根葺材の施工、外壁下地材の施工も進む中、だんだんと建物の
骨組みから仕上げへと進んでいきます。

仕上げ材に隠れてしまう、下地材や構造材の部分をより
重点的に押さえて、工程を進めます。

静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計
b0155675_2335435.gif

[PR]
by k-kazaken | 2008-08-25 23:41
問題を挙げただけでは解決には向かいません。
リサイクルや有効利用を目的として分別できるものは
しっかりと分別しなければなりません。

身内の話になりますが、実家の風呂は浴槽に水を溜め、
薪を焚いてお湯にしてから入る、いわば昔ながらの湯沸し方法のものです。

便利さから考えてもガスやエコキュートに変更することも可能なのですが、
あえて、建築現場で余った残材(もちろん、燃しても可能なもの)を
利用して熱源に代えています。
ちょっとした有効利用の取り組みです。

静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計
b0155675_23483923.gif

[PR]
by k-kazaken | 2008-08-22 23:51
「これ、もしかして使うかも…」
なかなか物が処分できない理由として、こんな言葉をよく耳にします。
長年使ってきたものに関しては特に愛着が生まれるものです。

ならば、写真のように工夫を施して大収納のロフト空間を創りましょう!
天井の高さは低くなりますが、14.5帖の広さを確保してありますので
普段あまり使わないもの、季節の衣類、大事にしている書籍、
思い出のものなどなど、たくさん収納できます。

ある日、ロフトの片付けをしていたら、「捨てなくて良かったぁ」
と思える日が来るかもしれません。

静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計
b0155675_204254.gif

[PR]
by k-kazaken | 2008-08-19 20:20
天井下地の施工風景です。
部屋の広さにもよりますが、天井の中央と周囲では
少々のたわみを設けております。

その理由は面白いもので、人の目の錯覚により
まっすぐ水平に天井を施工すると、中央がやや微妙に下がった様に
感じる事が原因で、中央をやや上げているのです。

先人の大工職人の知恵や工夫や技術を、
現代もこうして受け継がれております。


静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計
b0155675_22171529.gif

[PR]
by k-kazaken | 2008-08-18 22:50
夏季休暇も今日までで、企業も明日から業務を開始するところが
ほとんどかと思われます。

そんな中、昨日から今日までの2日間でしたが、家内の実家へと
行ってきました。近くの公園へと子供を連れて散歩をしたり、
オリンピックや高校野球中継を観ていたり、食事にはご馳走を頂いたり、
とても「休みだな~」と思える時間を過ごさせていただきました。

明日から現場工事が始まります。
引き続き、工事監理を進めて参ります。
レポートもどうぞご期待下さい!!

静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計
b0155675_2281881.gif

[PR]
by k-kazaken | 2008-08-17 22:12
工事中に出る廃材や残材は意外と多いものです。
写真は会社のゴミ置場より新しいボックスを交換している
様子ですが、リサイクルが出来るものを分別しても、
かなりの量の廃材が発生してしまいます。

現場では無駄なく材料を使っているのですが、
この廃材をいかに少なくすることが課題です。

静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計
b0155675_22505275.gif

[PR]
by k-kazaken | 2008-08-13 22:54