メゾン・エルメス

かねてから、「東京に行った際には一度は観てみたい…」と
思っていた建物、銀座のメゾン・エルメスです。
2001年に竣工されていますのでだいぶ時間が経っていますが。。。

設計者のレンゾ・ピアノ氏はイタリアを代表する建築家であり、
日本では関西国際空港などの設計も手がけている建築界の巨匠となります。

約13,000個もの428㎜角ガラスブロックを外壁一面にカーテンウォール
として採用し、レンゾ・ピアノ氏は「光と戯れるランタン」をコンセプトに設計したと
言われております。

建築雑誌で見ると一見派手なイメージとは違い、自分が受けた印象としては
シャープというよりは、有機的でどこか近づきやすい建物だなぁ…
と思える、奥深い印象の建物でした。

静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計
b0155675_1637697.gif

[PR]
by k-kazaken | 2008-08-08 16:45