東北地方太平洋沖地震

ご存知のとおり、先日3/11日(金)に宮城県沖を震源地とする
マグニチュード9.0の大地震が発生しました。それに伴い、大津波被害、
福島原子力発電所の放射線物質の影響、食料の問題、物資の問題、
ライフラインの問題、ガソリン・灯油等の問題、交通網の問題等…。
今、日本国民全員が一丸となって復旧活動に取り組んでおります。

私自身、ここ数日間県外に在しており、ちょうど今、自宅に帰ってきました。
非常に多くの情報・助け合い活動・人々の温かさなどを身をもって改めて
正直に実感することができました。

被災地の方々の悲しみや困難は、その場所にいない私たちにとっては、
想像を越えるものだと思われます。人として、同じ日本の国民として
「自分たちに何ができるか」を真剣に考え、まさに『今』実行しなければ
ならないと強く思います。

例えるならば義援金活動、時期を見計らった献血活動、節電の協力、
無理で過度な買いだめを控えること…。

できる限りの最大限の支援活動をしてゆきたいと思っています。

静岡県東部/伊豆地方の優良工務店 静岡注文住宅工房
静岡県東部/伊豆地方の設計事務所 カザマ建築設計

b0155675_2375242.jpg
[PR]
by k-kazaken | 2011-03-17 02:43